NEWS/イベント情報一覧

  • すべて
  • トピック
  • イベント
  • 研究発信
  • 須賀川健康長寿事業
  • センター長の活動

すべて

第39回 国際泌尿器科会議で須賀川研究の結果報告を行いました

2019年10月17〜20日にアテネ(ギリシャ)で開催された第39回国際泌尿器科会議で教員の大前が須[…]

教員の大前による須賀川研究からの論文の図が掲載誌の裏表紙に採用されました

教員の大前による、須賀川研究から超高齢者の歩行速度と過活動膀胱の関連を調査した研究論文の図が、掲載誌[…]

フェローの高橋による研究論文がBMJ Openに採択されました

フェロー高橋による高齢者の社会参加と要介護状態発生/死亡との関連を調べた観察研究がBMJOpenに採[…]

日本臨床疫学会第3回年次学術大会において観察研究の論文査読に関するワークショップを行いました

2019年9月28日~9月29日に福岡県福岡市で行われた日本臨床疫学会第3回年次学術大会において、本[…]

教員の大前憲史による須賀川研究報告が第26回日本排尿機能学会における発表部門の学会賞に選ばれました

日本排尿機能学会(TheJapaneseContinenceSociety)はその名の通り、尿失禁や[…]

教員の大前による須賀川研究からの論文がNeurourology and Urodynamicsに掲載されたました

教員の大前による須賀川研究から超高齢者の歩行速度と過活動膀胱の関連を調査した研究論文がNeurour[…]

トピック

第39回 国際泌尿器科会議で須賀川研究の結果報告を行いました

2019年10月17〜20日にアテネ(ギリシャ)で開催された第39回国際泌尿器科会議で教員の大前が須[…]

日本臨床疫学会第3回年次学術大会において観察研究の論文査読に関するワークショップを行いました

2019年9月28日~9月29日に福岡県福岡市で行われた日本臨床疫学会第3回年次学術大会において、本[…]

教員の大前憲史による須賀川研究報告が第26回日本排尿機能学会における発表部門の学会賞に選ばれました

日本排尿機能学会(TheJapaneseContinenceSociety)はその名の通り、尿失禁や[…]

白河総合診療アカデミーの高田講師に診断精度研究の講義をしていただきました

白河総合診療アカデミーからオランダのUniversityMedicalCenterUtrechtに留[…]

會津塾5周年記念講演会を開催しました

福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンターが2013年から毎年夏に主催し、福島県立医科大学整形外[…]

教員が科研費を獲得しました
トピック

教員が科研費を獲得しました

 教員の栗田、大前、宮下(白河総合診療アカデミー)が科学研究費補助金を獲得しました。科学研[…]

イベント

日本臨床疫学会第3回年次学術大会において観察研究の論文査読に関するワークショップを行いました

2019年9月28日~9月29日に福岡県福岡市で行われた日本臨床疫学会第3回年次学術大会において、本[…]

第7回 會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾™」募集を終了しました

毎年好評を頂いております會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾™」第7回参加者の募集を終了いたしました。

第6回 會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾™」募集を終了しました

毎年好評を頂いております會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾™」第6回参加者の募集を終了いたしました。[…]

3月14日「リサーチ・クエスチョンブラッシュアップ実演カンファ」を開催します!

質の良い臨床研究を発信するには、研究デザインの段階で計画をブラッシュアップすることが有用です。この実[…]

「第5回臨床研究てらこ屋 in 福島」が開催されました

2017年9月23日にラコパ福島で臨床研究教育推進部主催の「第5回臨床研究てらこ屋in福島」が開催さ[…]

第5回 會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾™」を開催しました

2017年8月25日から27日に福島県の横向温泉で第5回會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾™」を開催[…]

研究発信

教員の大前による須賀川研究からの論文の図が掲載誌の裏表紙に採用されました

教員の大前による、須賀川研究から超高齢者の歩行速度と過活動膀胱の関連を調査した研究論文の図が、掲載誌[…]

フェローの高橋による研究論文がBMJ Openに採択されました

フェロー高橋による高齢者の社会参加と要介護状態発生/死亡との関連を調べた観察研究がBMJOpenに採[…]

教員の大前による須賀川研究からの論文がNeurourology and Urodynamicsに掲載されたました

教員の大前による須賀川研究から超高齢者の歩行速度と過活動膀胱の関連を調査した研究論文がNeurour[…]

フェロー修了生の飯田による須賀川研究の成果が福島民報に掲載されました

フェロー修了生の飯田が超高齢者の食塩摂取量、体重、血圧の関連を調査し、TheJournalofCli[…]

フェローの大西による研究論文がClinical Journal of American Society of Nephrologyに採択されました

フェロー大西によるJ-DOPPSを用いた全死亡と透析後カリウム値の関連を調べた観察研究がClinic[…]

フェロー修了生の飯田による須賀川研究からの論文がThe Journal of Clinical Hypertensionに採択されました

フェロー修了生の飯田による須賀川研究から超高齢者の食塩摂取量、体重、血圧の関連を調査した研究論文がT[…]

須賀川健康長寿事業

第39回 国際泌尿器科会議で須賀川研究の結果報告を行いました

2019年10月17〜20日にアテネ(ギリシャ)で開催された第39回国際泌尿器科会議で教員の大前が須[…]

教員の大前による須賀川研究からの論文の図が掲載誌の裏表紙に採用されました

教員の大前による、須賀川研究から超高齢者の歩行速度と過活動膀胱の関連を調査した研究論文の図が、掲載誌[…]

教員の大前憲史による須賀川研究報告が第26回日本排尿機能学会における発表部門の学会賞に選ばれました

日本排尿機能学会(TheJapaneseContinenceSociety)はその名の通り、尿失禁や[…]

教員の大前による須賀川研究からの論文がNeurourology and Urodynamicsに掲載されたました

教員の大前による須賀川研究から超高齢者の歩行速度と過活動膀胱の関連を調査した研究論文がNeurour[…]

フェロー修了生の飯田による須賀川研究の成果が福島民報に掲載されました

フェロー修了生の飯田が超高齢者の食塩摂取量、体重、血圧の関連を調査し、TheJournalofCli[…]

フェロー修了生の飯田による須賀川研究からの論文がThe Journal of Clinical Hypertensionに採択されました

フェロー修了生の飯田による須賀川研究から超高齢者の食塩摂取量、体重、血圧の関連を調査した研究論文がT[…]

センター長の活動

「臨床研究の道標 第2版 出版記念講演会」が東京で開催されました

福原センター長著の『臨床研究の道標(みちしるべ)7つのステップで学ぶ研究デザイン改訂第2版』出版を記[…]

福原センター長のオフィシャルサイトができました

オフィシャルサイトには、センター長の詳細プロフィールをはじめ、講演スケジュール、講演抄録、「臨床研究[…]

「臨床研究の道標 第2版」出版および記念講演会のお知らせ

『臨床研究の道標(みちしるべ)7つのステップで学ぶ研究デザイン改訂第2版』著:福原俊一/発行:認定N[…]

週刊医学界新聞に日本臨床疫学会発足記念講演会開催の記事が掲載されました

週刊医学界新聞に2016年12月18日に開催された日本臨床疫学会発足記念講演会についての記事が掲載さ[…]

日刊薬業に福原センター長のインタビュー記事が掲載されました

日刊薬業WEBに日本臨床疫学会発足についての福原センター長のインタビュー記事が掲載されました。臨床疫[…]

週刊医学界新聞に「医療レジリエンス」の書評が掲載されました

2015年4月に京都と福島で開催された世界医学サミット地域会合(WorldHealthSummitR[…]

最新の研究成果代表的な論文全論文一覧

2013年以降に受理された欧文論文は203編 2019年は41編

須賀川健康長寿事業からの研究論文第3報がNeurourology and Urodynamicsに掲載されたました。

Modified systemic inflammation score is useful for risk stratification after radical resection of squamous cell carcinoma of the esophagus.

Annals Of Surgical Oncology2019 (in press).

Feasibility of subtotal esophagectomy with systematic lymphadenectomy in selected elderly patients with esophageal cancer; a propensity score matching analysis.

BMC Surgery2019; 19: 143.

Optimized cutoff value of serum squamous cell carcinoma antigen concentration accurately predicts recurrence after curative resection of squamous cell carcinoma of the esophagus.

Annals of Surgical Oncology2019 (in press).

No consistent evidence of data availability bias existed in recent individual participant data meta-analyses: A meta-epidemiological study.

Journal of Clinical Epidemiology2019 (in press).

Publication statuses of clinical trials supporting FDA-approved immune checkpoint inhibitors: a meta-epidemiological investigation.

BMC Cancer2019; 19: 998.

動画による活動紹介一覧

2019年3月13日に特命教授のInui先生が福島で講演とフェローの研究指導をしてくださいました。

2103年2月19日、会津医療センターにて行われた福原俊一先生の講演を要約した 動画になります。