スタッフ紹介

臨床研究イノベーションセンター 特任准教授

竹島 太郎Taro Takeshima

1975年生まれ。静岡県出身。2000年に自治医科大学医学部を卒業後、静岡県立総合病院にて初期研修を終了し、伊豆半島を中心に内科医としてへき地診療に従事。2015年4月より自治医科大学地域医療学センター地域医療学部門講師。附属病院総合診療内科等を兼務。へき地での診療経験を糧に、臨床、学生教育、研究に取り組んでいる。また、2005年に第1回プライマリ・ケア医のための臨床研究デザイン塾に参加し、2011年から京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医療疫学分野にて医療疫学を学んだ。2012年より、會津塾等の福島で開催している臨床研究に関連するセミナーの企画・運営に尽力している。
臨床研究イノベーションセンターの活動を通して福島県民の健康長寿に貢献できるよう努力する所存です。

【主な研究領域】
地域医療やプライマリ・ケア診療における臨床疫学研究

【学会・社会活動】
日本臨床疫学会(上席専門家)
日本プライマリ・ケア連合学会(認定医・指導医・代議員・研究支援委員会副委員長)
日本内科学会(認定内科医)
認定NPO法人健康医療評価研究機構(上席研究員)

【受賞】
2005年 第1回臨床研究デザイン塾 iHope international賞
2014年 第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 日野原賞

【主な業績】
Takeshima T, Yamamoto Y, Noguchi Y, Maki N, Gibo K, Tsugihashi Y, Doi A, Fukuma S, Yamazaki S, Kajii E, Fukuhara S. Identifying Patients with Bacteremia in Community-Hospital Emergency Rooms: A Retrospective Cohort Study. PLoS One. 29; 11(3): e0148078, 2016.

Wada M, Takeshima T (equal contribution), Nakamura Y, Nagasaka S, Kamesaki T, Kajii E. Carotid plaque is a new risk factor for peripheral vestibular disorder: a retrospective cohort study. Medicine (Baltimore). 95(31): e4510, 2016.

Katsura M, Kuriyama A, Takeshima T, Fukuhara S, Furukawa TA. Preoperative inspiratory muscle training for postoperative pulmonary complications in adult patients undergoing cardiac and major abdominal surgery [Protocol]. Cochrane Database Syst Rev. 5; 10: CD010356, 2015.

Takeshima T, Kumada M, Mise J, Ishikawa Y, Yoshizawa H, Nakamura T, Okayama M, Kajii E. Reasons for encounter and diagnoses of new outpatients at a small community hospital in Japan: an observational study. Int J Gen Med. 5(7): 259-69, 2014.

竹島 太郎