會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾」受講規約

會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾」受講規約

會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾」受講規約(以下「本規約」という)は、福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター(以下「当センター」という)主催による會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾」(以下「本塾」という)の参加者(以下「塾生」という)に遵守していただく規則です。

第1条(本規約の範囲および変更)

  • (1)第4条に基づく本塾の申込を当センターが承諾した全ての塾生(以下「塾生」という)は、当センターの指定する申込手続きをすること、または本塾へ参加することにより、本規約の内容を承諾したものとみなされます。
  • (2)当センターは、塾生に通知を行うことにより、本規約の変更又は細則の制定をすることができるものとします。但し、当該変更規定又は細則が通知された後に塾生が本塾に参加した場合には、塾生は当該内容に同意したものとみなされ、当該変更規定および細則は、本規約の一部を構成するものとして、塾生に適用されます。

第2条(提供サービス)

  • (1)当センターは、塾生に対し、本塾を通じて当センターが別途定める講座内容により講義を行うものとします。

第3条(学習資料代・宿泊費等)

  • (1) 塾生は、当センターが提示する学習資料代および宿泊費を当センターないし事務局が定める期限までに指定された方法にてお支払いいただきます(手数料等は塾生にご負担していただきます)。
  • (2)当センターは、塾生に対し、本条第1項に定める費用を請求する他、参加費(受講料)については請求しないものとします。

第4条(本塾受講申込の承諾)

  • (1)当センターの規定により決定した本塾の受講希望者(以下「受講希望者」という)は、当センターより通知する学習資料代・宿泊費の振込、手続き、書類提出を指定期限までに行い、氏名・住所・電話番号その他当センターの別途定める事項について、正確且つ最新の情報(以下「登録情報」という)を申込書その他に記載して提供するものとします。
  • (2)受講希望者は、本規約の規定に従い、当センターが参加費および参加に係る費用の全額入金および必要書類の提出を確認した時に塾生たる資格を取得するものとします。
  • (3)受講希望者が、本条第1項で定める指定期限までに学習資料代・宿泊費を振り込まない場合は、申込が自動的にキャンセルされるものとします。

第5条(登録情報の使用)

  • (1)塾生の登録情報の取り扱いは、当センターのプライバシーポリシーに従って行うものとします。
  • (2)登録情報および塾生が本塾を受講する過程において当センターが知り得た情報(以下「塾生情報」という)を本塾スタッフが共有し、本塾の運営や今後の教育事業のために使用することができるものとします。
  • (3)ご登録いただいたご連絡先へ当センターおよび関係先よりセミナー、書籍のご案内などをお送りすることがございます。
  • (4)本塾開催中に撮影した映像、写真を当センターおよび関係先の広報資料、報告資料として使用することを許諾いただきます。

第6条(塾生資格の中断・取消)

塾生が以下の項目に該当する場合、当センターは事前に通知することなく、直ちに本規約を解除し、当該塾生の受講資格を停止、または将来に向かって取り消すことができるものとします。また、受講資格の停止、または将来に向かっての取り消しを行った際においても、以下の項目の(1)~(7)に該当する場合は、参加費および参加に係る費用の返金は致しません。

  • (1)受講申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合
  • (2)特定の宗教への勧誘活動、特定の政党や学会における選挙活動、営利活動、またはその準備を目的とした行為、その他当センターが別途禁止する行為を行った場合
  • (3)本塾開催施設の規約に違反した場合
  • (4)本規約に違反した場合
  • (5)他の塾生に感染を及ぼす危険のある疾病(感染症)に罹患した場合
  • (6)申込時と異なる条件が生じた場合(就労環境・身体的事由等)
  • (7)その他、塾生として不適切と当センターが判断した場合

当センターは、本条1項に該当する場合の外、塾生が本塾の進行の妨げになると判断した場合、退席を命じることがあります。

第7条(本塾開催の中止・中断および変更)

  • (1)当センターはやむを得ない場合には、塾生に事前の通知なく、本塾の運営を中止・中断できるものとします。
  • (2)前項の場合には、当センターは本塾の中止または中断後10営業日以内に、参加費および参加に係る費用を返金致します。但し、当センターの責任は支払済の参加費および参加に係る費用の返金に限られるものとし、その他一切の責任を負わないこととします。

第8条(参加辞退)

  • (1)申し込み後の参加辞退は原則的に認めません。
  • (2)塾生のご都合により参加辞退される場合には、原則的に学習資料代・宿泊費の返金は致しません。

第9条(参加要件と修了要件)

  • (1)本塾は全日、全カリキュラムの参加を厳守とします。塾生の途中参加、途中退出は原則的に認めません。
  • (2)本塾は原則的に、全日、全カリキュラムの参加をもって修了とします。

第10条(損害賠償)

  • (1)塾生が、当センターや本塾に対して損害を与えた場合、塾生は一切の損害を補償するものとします。
  • (2)本塾に関連して、塾生間、あるいはその他の第三者との間で紛争が発生した場合、塾生は自己の責任において、当該紛争を解決するとともに、当センターに生じた一切の損害を補償するものとします。

第11条(講義・実習内容及び配布資料について)

塾生は、当センターの定める以下の利用規範に従うこととします。

  • (1)本塾に含まれる一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報、本塾において提供される教材、書籍およびビデオその他一切の著作物、ならびに、本塾で使用される一切の名称および標章(以下併せて「講義内容」という)についてのノウハウ、著作権及び商標権その他一切の権利は全て当センターに帰属し、塾生は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。
  • (2)塾生は、講義内容を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、いかなる方法においても、塾生個人の私的利用の範囲外で使用し、コピープロテクトその他の技術的保護手段に用いられている信号の除去もしくは改変等を加え、または、第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、翻訳、使用許諾等を行ってはならないものとします。
  • (3)講義・実習内容を撮影、録音をすることは許可しないものとします。

第12条(保証)

本塾は、塾生が講義内容を習得することを保証するものではありません。

第13条(グループワークによる実習について)

本塾カリキュラム内にグループワークによる実習を行う場合には以下の利用規範に従うこととします。

  • (1)実習では塾生の持っている診療上の疑問を基にして研究計画を作っていき、出来上がった研究計画は、最終日に発表会で披露し、評価のために提出していただくことがあります。
  • (2)塾生が作成した資料は、教育事業のために事例等として教材や出版物の中で使用されることがあります。使用する場合には、以下のルールを遵守致します。塾生が提出した研究案・計画(リサーチクエスチョン等)を使用して、当センター、他の塾生がおよび関係者が臨床研究を行なうことがないように徹底します。事前にご了解いただいた場合を除き、個人が特定できないように匿名化致します。
  • (3)本塾開催中に塾生個人の個別な研究案・計画(リサーチクエスチョン等)についての相談を依頼すること、相談を講師・ファシリテーターが受付けることはお断りいたします。

第14条(当センター等の責任)

  • (1)当センターは、故意または重過失に基づく場合を除き、本塾または本規約に関連して塾生または第三者が被った特別損害(予見可能性の有無を問わない)、間接損害および逸失利益について何ら賠償責任を負わず、通常損害について、当センターが当該塾生から現実に受領した受講料金の範囲内でのみ、損害賠償責任を負うものとします。
  • (2)理由の如何を問わず、塾生が、当センターまたは本塾の開催場所に物件を残置し、当該本塾終了後1ヶ月以内に当センターの定める手続により返還を請求しなかった場合、当センターは、塾生が当該物件に対する所有権その他の権利を放棄したものとみなして、これを任意に処分することができるものとし、当該物件に関して一切の責任を負わないものとします。

第15条(通知および同意の方法)

  • (1)当センターから塾生への通知は、本規約に別に定めのある場合を除き、当センターからの電子メールもしくは当センターのウェブサイト(以下「本サイト」といいます。)上の一般掲示またはその他当センターが適当と認める方法により行なわれるものとします。
  • (2)前項の通知が電子メールで行なわれる場合には、登録情報として登録された電子メールアドレス宛への当センターからの発信をもって通知が完了したものとみなします。但し登録情報が正確もしくは最新でなかった場合には、当センターからの通知が不到達となっても、本項に定める時点で到達したとみなされるものとします。
  • (3)本条1項の通知が本サイト上の一般掲示で行なわれる場合は、当該通知が本サイト上に掲示された時点(本サイトにアップロードされた時点)をもって塾生への通知が完了したものとみなします。
  • (4)当センターは、上記いずれかの方法により塾生に通知を行なった場合、通知の完了後10日以内に塾生からの異議申し立てがないか、又は、通知完了後塾生が当社の講座に参加した場合には、その時点で塾生が同通知の内容に同意したものとみなします。

付則

  1. 本規約は2013年4月1日より実施するものとします(2016年4月13日改訂)。
  2. 当センターが業務を委託するプライム・インターナショナル、特定非営利活動法人 健康医療評価研究機構について、委託された業務範囲内において同等の権限を有する。